交通渋滞を緩和させる目的で、複数車線をまたぐ立体構造の大型バス「トランジット・エレベーテッド・バス」(TEB)を走らせる構想が、中国で進められている。

このほど試験車両「TEB-1」が完成し、テスト走行を行った。中国国営の新華社通信が8月2日に報じ、米ニューズウィークをはじめ多くの国外メディアも取り上げている。

 

ソース:http://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2016/08/post-5607.php


 

渋滞にはまってイライラ、そんな時に誰でも思った事があると思う。

あぁ、車の上を飛んでいけたらなぁ・・・

 

そんな要望にお答えしたバスが中国で開発され、実際に300mのテスト走行も行いました。

その名も『TEB-1』

 

この『TEB-1』を導入することで、なんと渋滞を30%も緩和できるとのこと!

「でもお高いんでしょう?」と思うかもしれませんが、建設費は地下鉄の1/5!うん、とってもリーズナブル。

 

これは中国きてるんじゃないか?試験運転の動画をさっそくチェックだぜっ!


ん?

天井低すぎない?

 

これじゃあバスやトラック、ワゴン車ですら天井に当たりそうなんですが・・・・。

もしかして潜れない車は後ろにつくしかないとかいう話し?

でもそれで渋滞の30%軽減とかできるのか?逆に増えそう。

 

しかもこの形状で曲がれるの?と思ったら、記事にまさかの一言が

 

TEB-1の試験運行は、河北省秦皇島市で実施された。今回は300メートルの直線道路に設置された軌道の上を走行。なお、現在の車両でカーブを曲がれるかどうかは不明だという。

 

・・・・いやいやいや、そこ超重要じゃん!?

っていうか不明ってなんだよ不明って、「可能」「不可能」の2択じゃないの?

 

とは言え、なんかブラジル、フランス、インド、インドネシアの4カ国の政府が興味をもってるらしいし、

もしかしたら大ヒットするかも・・・・・しないんだろうな(汗